本文へスキップ

確かな技術と自由な発想 新しいライフスタイルを提案します

電話でのお問い合わせは0985-23-6662

〒880-0835 宮崎市阿波岐原町前浜4276番地282
mail:morit@juno.ocn.ne.jp

橋梁補修・補強工事 Bridge repair,reinforcement workreal estate


ひび割れ注入工法【ビックス工法】

表面処理
 ひび割れに沿って5cm程度の幅で、ディスクサンダーやワイヤブラシなどでレイタンスや塵埃を除去します。油脂分はシンナーを含んだウエスでふきとります。
取付パイプの装着
  取付けパイプをひび割れの中心位置にBLシール(エポキシ樹脂パテ)で取付けます 座金部の4つの穴よりBLシールが出てくるまで押しつけます。
シーリングと硬化養生
 BLシールでひび割れ部をシールします。その後、BLシールの硬化養生を行います。
 BLインジェクターの取付
 取付けパイプにBLインジェクターの接続パイプをはめ込みます。
 注入
 所定の配合比で混合撹拌したBLグラウトをBLインジェクターの注入口から圧入します。BLインジェクターのゴムチューブが、注入量制限筒の内面いっぱいに膨らんだら注入を止め、次の注入口に移ります。
  注入材の養生
 BLグラウトの硬化養生を行います。硬化は、ゴムチューブに触れるだけで確認できます。
  仕上げ
 取付けパイプを取り除いた後、シール部をディスクサンダーで平坦に仕上げます必要のある場合は、塗装します。
ビックス工法の特徴
ビックス工法は以下の特長を有しています。

【1】 ひび割れの隅々まで、確実に注入。
コンクリート構造物のひび割れ注入は、低圧・低速・長時間が最良の条件とされています。ビックス工法では、注入材で膨らんだゴムチューブの圧力により、この条件をすべて満たし、ひび割れ深奥部や鉄筋の付着切れによる空隙にも完璧に注入できます。これまでの検証では、ひび割れ表面で約0.2mm、ひび割れ内部では0.02mmまで注入が可能です。

【2】 作業時間が大幅に短縮。

インジェクター(特殊注入器具)を膨らませるだけの短時間作業で、特殊な技術を必要としません。

【3】 圧力管理、硬化確認が容易。

ゴム収縮による均一な圧力が注入を続けます。また、ゴムチューブに残った注入材を点検することで硬化確認ができますので、施工管理が容易です
 

このページの先頭へ


断面修復工法

 下地処理工
 浮き、脆弱部、ほこり等をハンマーやワイヤーブラシで除去し、清浄にします。
 
 プライマー工
 適正なプライマーを塗布します。セメント系では水を使うこともあります。
 
 断面修復工
 コテなどを用いて欠損部に断面修復材を施工します。
 
 養生工
 断面修復材が硬化するまで、雨水などにさらされないよう、養生します。
 

このページの先頭へ

シラン系表面含浸材塗布工(ニュースパンガード工法)

下地処理
 塗布面に付着している泥・ほこり等を除去します。
油脂類は、シンナー等で除去します。
表面含水率測定
 含浸前にコンクリートの表面含水率を測定し、8%以下であれば作業を行います。
塗布含浸工
 マスキングテープやマスカーで塗装面以外の養生します。
標準塗布量(0.2kg/m2)を1回塗布します。
養生
 塗布完了後48時間は、塗布面が直接雨等にさらされないように養生してください。

このページの先頭へ


炭素繊維シート貼付工法

CFRP接着工法
下地処理
 下地コンクリート表面の劣化層(風化・レイタンス・離型剤・剥離モルタル・塗装・汚れ等)をディスクサンダー等で十分に除去・研磨します。
プライマー塗布
 ローラー刷毛等で均一に塗布する。標準塗布量の目安は0.2kg/uとします。
不陸修正
 不陸修正材にて段差1mm以内の平滑面に仕上げます。
炭素繊維シート貼付
 含浸接着樹脂材をローラー刷毛等で均一に塗布し、炭素繊維シートの上から脱泡ローラー等で数回しごきトウシートを樹脂塗布面に完全に付着させます。次に脱泡ローラーを用いてトウシート表面を繊維方向に沿って強めにしごきシート表面に樹脂の濡れ色を呈する程度に含浸させエアーを除去します。