本文へスキップ

確かな技術と自由な発想 新しいライフスタイルを提案します

電話でのお問い合わせは0985-23-6662

〒880-0835 宮崎市阿波岐原町前浜4276番地282
mail:morit@juno.ocn.ne.jp

建築塗装 The building paintingreal estate


塗装塗替え時期及び建築物補修時期について


下記の現象が現れ始めたらご相談下さい。
チョーキング・・・
 塗膜の成分の一つまたはそれ以上が劣化して膜の表面に微粉がゆるく付着したような外観になる現象。
塗膜はがれ・・・
 付着性が失われてある広さの膜が自然に素地から分離する現象。
鉄筋爆裂・・・
 鉄筋かぶり不足によって鉄筋が錆、錆の膨張によりコンクリートが剥落する現象。
クラック(ひび割れ)・・・
 コンクリートの収縮、または構造物の沈下等によりひび割れが発生する現象。
鉄部錆・・・
 鉄が空気中の酸素に触れると、酸化と呼ばれる化学反応が起こり、この反応により出来たものが酸化鉄(さび)となる現象。
このページの先頭へ

塗装工事の流れ

1.建物調査

目視調査
塗膜のワレ、フクレ、ハガレ、つやの低下等を確認


触診調査
塗膜の表面を手で触り、手に粉が付着しないかの確認


打診調査
打診用ハンマーにて壁を叩いて塗膜剥離の有無を確認
2.見積書提出

調査結果に基づき、お勧めの塗料及び工法をご提案致します。

 主な塗料のグレード比較
 アクリル < ウレタン < シリコン < フッ素


耐用年数及び価格比較例(外壁の場合)

 アクリル  5〜 8年 安価
 ウレタン  8〜10年 やや安価
 シリコン 10〜15年 やや高価
 フッ素  15〜20年 高価

 (周辺環境によって異なる場合がございます。
3.契約

工事内容・見積り等、十分ご検討の上、発注となりましたら書面にてご契約致します。
4.工事前準備

 工事着手前に近隣住民の方へ工事お知らせチラシを配布し工事がいつから始まりいつに終わる予定なのかを通達致します。
 工事お知らせチラシ例



また、電線等の架空電線がございましたら、足場仮設前に架空電線の保護カバーを行います。
5.工事着手  

足場架設工事

 労働基準法に基づいて足場の架設工事を安全に留意しながら行います。
清掃・水洗い

 業務用の洗浄機(規格15MPa)にて水コケ等の汚れの除去を行います。
養生

 塗装箇所以外の場所はビニールシート等で養生を行います。
下塗

 旧塗膜との密着性を良くするために上塗塗装をする前に行う、前処理です。
 鉄部に関しては、上塗塗装をする前に錆止め塗装を行います。
 また、下地が著しく劣化している箇所については取替えもしくは補修を行った後、下塗塗装を行います。
 上塗(2回塗り)

 美観をよくする塗料となります。
上記の塗料のグレードによって、耐久年数が異なりますので十分に検討をした上で塗料の選択を行って下さい。
 
跡片付

 足場解体前に足場上の手直しが完了しだい、足場解体に取り掛ります。
 足場解体後、足場設置箇所部の清掃を行います。
 6.引き渡し
引き渡しを行う前に、問題がないかを再確認後、施主様に引き渡し致します。


このページの先頭へ

塗装材料のおすすめ商品

屋根用塗料
高日射反射率塗料
《アレスクール》

屋根に塗るだけでできる省エネとエコロジーです 
アレスクールの概要・・・
  屋根の表面に直射日光が当たると、表面温度が上昇し、それによって建物内も暑くなります。
 アレスクールは、屋根に塗装するだけで夏期の太陽光(赤外線)を効率よく反射。
 屋根表面の温度上昇を抑制するだけでなく、建物内の温度上昇も防ぐことで、室内環境や冷房費
 の節約などに貢献します。

社会的効果として・・・

 ○電力・空調コスト削減
    300uの面積を塗った場合のコスト削減効果
      ¥206,516 ⇒ ¥114,778   通年 −¥91,738

 ○二酸化炭素排出量削減
    300uの面積を塗った場合の二酸化炭素排出量削減量
      1198.8s ⇒ 666.3s    通年 −532.5s

 ○高日射反射率塗料と一般屋根用塗料温度比較
    300uの面積を塗った場合の温度効果
             一般屋根用塗料     高日射反射率塗料
     屋根表面温度   71.7℃   ⇒   56.8℃
     室内温度     37.8℃   ⇒   34.8℃

高日射反射率塗料のメカニズム・・・
Wブロック効果で最大ー20℃の遮熱効果を発揮。 

太陽光の中でも熱に変換されやすいのが赤外線。赤外線の光は、物体に当って吸収されると分子振動が起こり、熱エネルギーに変換されます。
アレスクールは、赤外線を反射させる特殊顔料をトップコート(上塗)にもプライマー(下塗)にも配合。上塗部分を透過した一部の赤外線も、下塗で反射(カバー)する「Wブロック効果」により、屋根の温度上昇を抑制します。

外壁用塗料
環境対応型高耐久・超低汚染外壁防水塗料
《リベルマイスター21工法》

JIS A 6021 建築用塗膜防水形 
JIS A 6021とは?
  正式名称を「建築用塗膜防水材」といいます。
 主に鉄筋コンクリート造建築物の外壁などの防水工事に用います。
 主要原料はアクリルゴムで、一般の外壁材と比べ「耐ひび割れ追従性」に圧倒的な優位性を持ち、
 ひび割れに起因する外壁表面からの雨水の侵入を長期にわたって抑制します。

リベルマイスター21工法の3大特徴

優れた塗膜の柔軟性(=塗膜の伸び)
 一般的な弾性塗料と比べ、塗膜厚による変動が少なく、均一な伸び率をしますため、凹凸のある既存塗膜で、膜厚がつきにくい凹部も凸部と同様の伸びを呈し、クラック追従性に優れます。
安定した破断エネルギー(=塗膜強度)
 一般的な弾性塗料は、低温状態では塗膜が脆くなり破断エネルギーが低下しますが、リベルマイスター21は、温度変動による影響を受けにくく、年間を通して安定塗膜物性を呈します。
優れた外部水遮断性(=塗膜の防水性)
 一般的な弾性塗料と比べ、塗膜厚による透水量の変動幅が少ないので、均一で安定した外部水遮断性を呈し、防水性に優れます。

 レーザー変位計による膜厚分布解析


従来工法とリベルマイスター21工法とのライフサイクルコスト比較

外壁用塗料
光触媒塗料
《ハイドロテクトカラーコートECO−EX》

外壁も空気もキレイにする
極めて高い防汚性能・・・
  太陽や雨の力でキレイにする「セルフクリーニング効果
セルフクリーニング(防汚)効果のメカニズム
 光触媒作用によって外壁表面に付着した汚れを分解し、雨で洗い流します。

建物周辺の空気をキレイに・・・
  塗るだけで緑地を作り出したのと同じような空気浄化能力を発揮
空気浄化のメカニズム
 太陽の光がハイドロテクト表面に当たることで発生する「活性酸素」が、大気汚染物質である窒素酸化物(NOx)を酸化、硝酸イオン(NO3-)に変化させ大気中から除去。空気をきれいにします。
空気浄化の効果

環境問題に貢献する遮熱性・・・
  建物に蓄えられる熱をおさえ、大気への放熱を緩和することで地球温暖化、
 ヒートアイランド現象の緩和に貢献。
遮熱効果で建物への蓄熱・大気への放熱を緩和
 赤外線反射能力を高めることで建物への蓄熱と大気への放熱を緩和します。
 


塗替え回数を減らしコスト削減を可能にする「耐久性」・・・
一般塗料とライフサイクルコストの比較
 60年の間に一般塗料と比較して塗装回数で3回の削減、塗装費用約1.5回分のコストを減らすことができます。